腰痛でずっとコルセットを利用するのはよくない

腰痛で悩んでいる人は非常に多いです。これはスポーツをやっていた人やそうでない人でも普通にあることで、実際にアスリートだった人も現役を引退した後に腰痛で悩んでいるという場合も珍しくないです。

ヘルニアは腰痛の症状の一つですが、椎間板が押しつぶされて中身の髄核(ずいかく)が飛び出すという症状で、病院で症状が判明するタイプの腰痛なので、症状がひどい場合には病院で手術することになります。

ただそこまでひどくない場合には手術をせずに治療していくのですが、なかなかその治療が上手く行かないという人は多いです。

ヘルニアに限ったことではないですけど、腰痛は簡単に治るような症状じゃないんですよね。

腰痛で痛みがあるような場合だとコルセットを利用している人も珍しくないです。

実際にコルセットを利用して腰を固定すると腰痛の痛みがかなり和らぐので、普段から利用している人も少なくないのではないでしょうか。

確かに腰痛で痛みがあるような場合にはコルセットを利用するとかなり症状が楽になりますが、ずっと利用するのはおすすめできないです。

コルセットは器具で腰を固定するものになるので、筋力を必要としないのが特徴になります。

つまりずっと利用していると腰周りの筋力が衰えるようになるということです。

腰周りの筋力が衰えるとそれだけ腰を支える力が弱くなってしまうので、コルセットなしだとさらに腰痛の痛みが強くなる可能性があります。

あまりに痛みがある場合に一時的にコルセットを利用するのはいいですが、それが日常化すると良くないので注意しましょう。借金返済できない場合に無料相談を利用した返済のコツを伝授