腰椎椎間板ヘルニアの症状について

腰椎椎間板ヘルニアについて、そもそも椎間板とは何なのか気になっている人もいるのではないでしょうか。

椎間板は軟骨になっており、外側の硬い部分の中に柔らかい髄核というものが入っているという構造になっています。

そのため軟骨部分がクッションの役割を果たして重力を分散しているという構造になっています。

この椎間板の軟骨部分に大きな圧力がかかることによって髄核が飛び出してしまった状態が椎間板ヘルニアと呼ばれる症状になるのです。

ちなみに痛みはこの飛び出した部分が神経を圧迫することによって発症します。

よく腰椎椎間板ヘルニアになると脚にしびれが出るというのは神経が圧迫されているからなのです。

幅広い年齢層で発症するの椎間板ヘルニア

ヘルニアと聞くと何となく年を取った人がなるものだと思っている人がいるようですが、そうでもないです。

年代別の発症率を見て見ると30代の男性の発症率が一番高いということが分かっています。次は20代の男性になります。

こうして見るとむしろ若い男性に多い腰痛の症状だということがわかるのではないでしょうか。

実際に私を含めて私の周りにもヘルニアで悩んでいる人はいます。まあ、そうは言ってもそこまで重症ではなく、手術の必要があるほどではないですが。

腰痛で悩んでいる人は多いですが、その中にはヘルニアだと気づかずに慢性腰痛だと思っている人も多いのではないかと思われます。

腰椎椎間板ヘルニアは特殊な症状ではなく普通にあることなので、腰痛が慢性化しているなら専門家に調べてもらってはどうでしょうか。薄毛改善