腰椎椎間板ヘルニアの病院での治療方法

腰椎椎間板ヘルニアになって病院に行くと重症の場合は手術をすることになりますが、そうでない場合には保存療法で改善していくことになります。

重症なケースでない限り手術を行うことはないのでそこまで心配する必要はないです。ちなみに手術が必要なケースと言うのは排尿障害があるようなケースになります。

手術では痛みは改善しますが、原因が除去されたわけではないのでしっかりとリハビリを行わないと再発する可能性は十分にあります。

そういった意味では手術あるなしに関係なく保存療法は必要になってくると考えていいかもしれないですね。

保存療法とは?

保存療法は腰椎椎間板ヘルニアの症状だけでなく、腰痛全般の改善方法として一番多く行われている腰痛改善の治療方法になります。

保存療法とは手術を行わない治療方法の事をいいます。具体的には補装具や物理療法、運動療法を用いた改善方法になります。

ちなみにこういった物理療法や運動療法などのことは医師が指示するというよりは、理学療法士が指示してそれを行うことになるので、名医というよりは優秀な理学療法士を探すことが大事なってきます。

どんなに優れた医師でも、担当してくれる理学療法士がダメな人の場合だと治療はなかなか進まないということになります。

そういった意味では勘違いしている人が多いのかもしれないですね。手術前提なら名医に見てもらうに越したことはないですが、そうでない場合は理学療法士が大事になってくるということです。http://seiryokuzaihikakurank.com/