腰椎椎間板ヘルニアの手術後回復は個人差がある

腰椎椎間板ヘルニアであまりにも痛みが酷いので、手術をして腰椎椎間板ヘルニアを改善しようとするのは普通のことですが、その際に手術後にどれくらいの期間で痛みがなくなるのか気になっている人も結構多いのではないでしょうか。

腰椎椎間板ヘルニアになった際に、痛みがあるならさっさと手術をして治せばいいのではないかと思っている人もいると思いますが、そんな簡単なものではないです。

手術後に痛みが沈静化するのにどれくらいの期間が必要になるかは人によって差があるだけでに、何ともいえない部分があります。場合によっては数ヶ月が必要になってしまう可能性のがあるので、仕事を持っている人にとってはなおさら簡単には決断できないと思います。

数ヶ月も腰痛の手術のために仕事を休んでいたら、おそらくほとんどの人がクビになるのではないでしょうか。そういうことを考えると手術での腰椎椎間板ヘルニアの改善には社会的な制約がついているといってもいいかもしれないですね。

手術は最終手段にしたほうがいい

腰椎椎間板ヘルニアの症状はあるが、歩けないほどではないという場合には手術以外での改善方法を実践していって少しづつ症状を改善していくほうが現実的な方法だといえると思います。

歩くことができないようなくらい痛みがある場合には、そもそも手術しかないくらい症状が進行しているので手術の必要がありますが、そこまでではない場合は、運動療法などの手術以外での治し方が一番現実的な方法だと思います。

まあ、手術したとしてもその後またヘルニアが再発しないように、どっちにしろリハビリ目的の運動療法が必要なので、手術しようがしまいがどっちにしても運動療法が必要になってくるということです。

もし仕事をしてなくて経済的に余裕があるならさっさと手術でヘルニアを治すのもいいかもしれないですが、現実的には難しいので、しっかりと医師に手術のデメリットや動けるようになるまでの目安などを聞いて慎重に検討することが大事になってきます。ワキガ対策