腰椎椎間板ヘルニアと姿勢の関係について

腰椎椎間板ヘルニアは誰にでも発祥する可能性のある腰痛疾患の一つですが、腰椎椎間板ヘルニアに限らず腰痛と普段の姿勢というのは非常に関係が深いです。

実際に腰椎椎間板ヘルニアの原因の一つとして普段の姿勢が大きく影響しているのは間違いないと思います。

例えば普段から猫背だったり、すると腰に負担がかかるのでその分ヘルニアになる可能性は十分になります。

また仕事で腰に負担がかかるような仕事をしているような場合も同様なことが言えます。

仕事で重いものを持つようなことが多かったり、中腰になるような姿勢が多いような仕事をしているとヘルニアになる可能性は十分にあります。

腰椎椎間板ヘルニアは姿勢を改善するとで治る可能性がある

ヘルニアになる要因として普段の姿勢が関係していると話しましたが、つまりは姿勢を改善すれば、原因が除去できるので治る可能性が十分にあるということです。

姿勢といっても色々な姿勢があります。歩いている姿勢や座っている姿勢、さらには寝ているときの姿勢など色々な状況でどこの部分で腰に負担がかかっているのかは人によって違います。

最近は仕事でデスクワークをしている人も多いと思いますので、普段のPCへ向かう姿勢などを疑ってみるといいのではないでしょうか?

その際に猫背になっていたり、画面に顔を近づけたりして作業をしているということはないですか?

そういった状況が長時間続いてしまうと、それだけ腰などに負担がかかってしまうので腰を痛める要因になります。

普段の姿勢はしっかりと意識しないと改善することはできないので、なるべく姿勢を意識しながら作業をすることが改善の一歩につながると思います。お試し化粧品サンプルランキングはこちら