腰椎椎間板ヘルニアで仕事を失い無職に…

腰椎椎間板ヘルニアは非常に厄介な腰痛の症状で、子供でもヘルニアになる場合もあるので、ある意味では全年齢的にあるえる腰痛の症状なんですよね。

特に仕事関係でヘルニアが発症するという人が多く、ヘルニアの症状が悪化してしまって仕事をすることができなくなってしまったという人は結構多いんですよね。

私の知り合いでも、パチンコ店に正社員で働いていた人がいるのですが、パチンコの台運びやたまの運搬などで腰を酷使してしまって、腰痛が悪化しヘルニアになってやむなく会社を退社してしまったという人がいました。

このように腰椎椎間板ヘルニアは仕事によって症状が悪化していくものなので、仕事内容によってはその仕事を今後できなくなる可能性があり、非常にやっかいな腰痛症といえます。

また腰椎椎間板ヘルニアのような腰痛は簡単に治療できるものではなく、慢性的な症状になりがちで、簡単には治らないという現実があります。

症状が悪化して、歩くのが難しいような状況まで進行してしまった場合には手術でヘルニアを改善することができます。

ただ治療費とかもかかり、そのくらい症状が悪化してしまったら仕事なんてできないので、無職になってしまいます。

実際に腰椎椎間板ヘルニアで無職になってしまって、これまでの仕事のスキルを生かすことができず、借金生活になってしまったという人はいます。詳細はこちら