ヘルニアからの坐骨神経痛

ヘルニアの仕組みは単純で軟骨部分が圧力によってつぶれしまって、そのつぶれた部分が坐骨神経を刺激して、坐骨神経痛の痛みを発症させていると思われます。

いわゆる椎間板ヘルニアと同じような感じですよね。重症の場合は手術をして改善することになるのですが、重症でない場合は普段の生活から改善していく必要があるので、なかなか治らずに長期化してしまっているケースも結構多いです。

まあこれはヘルニアによる坐骨神経痛に限ったことはないのですが、基本的に腰痛は長期化しやすいのが特徴で、悩んでいる人は非常に多いです。

運動療法などで少しづつ改善していくと思うのですが、そういった時間のない人は痛み止めを利用して痛みを紛らわせている人が多いと思います。

実際に仕事などをしていると、どうしても時間を取るのがむずかしいということもあると思います。また仕事によって坐骨神経痛が悪化することもあるので、しっかりとしたケアが必要になってきます。

ヘルニアでの坐骨神経痛は痛み止めでは治らない

ヘルニアでも坐骨神経痛の痛みを少しでも抑えるために痛み止めを普段から服用している人も結構多いと思いますが、やはり一時しのぎにしかならないと実感している人も多いのではないでしょうか。

痛み止めが常習化しているとその痛み止めも少しづつ効果が悪くなってきてしまうので、そのためにできるだけ早めに対策を講ずるようにしたほうがいいです。

そうはいっても限られた時間でどうやって改善していけばいいのかよくわからないという人も結構多いのではないでしょうか。

腰痛専門の病院とかにいって治療するという方法もありますが、都合よく自宅の近くにそういった病院がないのがほとんどだと思います。

ヘルニアは近年では若い人でも発症することが多い症状になっているので結構やっかいな症状かもしれないですね。

私も腰痛では結構苦労したので、できるだけ早めに専門家に見てもらうことの大切はひしひしと感じています。母乳育児の完全母乳ママ理沙の相談室(母乳が出ない方必見)